Ashimaruの機能性と信頼性

欧米の研究を取り入れた
立体アーチ形状高品質特殊素材

適切なアーチ形状と良質な特殊素材

バイオメカニクス理論を活用。
身体のバランス調整力

アシマルシリーズはバイオメカニクス理論を活用することで、足だけでなく身体のバランス調整まで行うことを目的としています。

バイオメカニクスでは、足のバランスを調整することで、身体全体のバランスにも影響し、膝、股関節、背骨、肩甲骨、頸骨までバランスが改善されるということが明らかにされています。
インソールにより、足だけでなく身体のバランスまで調整されることで、「正しい姿勢、正しい歩行、正しい運動」が可能になり、疲労が軽減されます。

即効性の高いバランス調整ができることで、アシマルシリーズは整形外科でも採用されています。

バランス調整力

20年以上に亘る研究開発と、日本の職人技
製造ノウハウ

多くのインソールは、コンピューターで設計し、金型を作り、量産していくのですが、実際にはそのような生産方法では細やかな調整が出来ず、良いインソールはできません。なぜなら、インソールという商品は1mmでもバランスが狂うと、不快に感じてしまうものだからです。つまり、理想の形状を再現しなければインソールの効果はマイナスに働いてしまうのです。

そこで、プレスコントロール社では形状にこだわった開発を行っています。完璧な形状になるまで使用テストを何度も繰り返し、バランスが良くなるまで徹底した金型改良を施します。そのため、新商品開発まで2年以上の歳月を要します。また、手作業での改良になるため、鍛え抜かれた職人の技術が必要となります。

そして、このように長い時間と試行錯誤の末に完成したインソールからは“快適さ”だけでなく“優しさ”が伝わってきます。

製造現場

ムダを徹底的にそぎ落す
高品質かつ適正価格を実現

海外工場と国内拠点

インソールはコスト的に日本で生産することが難しく、海外生産がメインになります。その場合、原産国の事情によりコストが増してしまうことがあり、中間業者が存在するとさらにコストが増してしまうでしょう。また、すでに完成された海外ブランドの輸入は、“ロイヤリティー”などの関係でコストアップする事はやむを得ません。

しかし、弊社では中間業者をできるだけ排除することでコストを削減し、品質管理の行き届いた検品会社を入れることで日本人の品質基準に合ったものをご提供することを可能としています。

日本人の足の形状、サイズ、体重、骨格、生活習慣などを研究
日本人の足に適したインソール

日本人は古来から農耕民族で欧米諸国は騎馬民族です。生活習慣の違いから足の形状にも違いが有り、特に足の幅、土踏まずの形状にその較差が見られます。

そういった意味でシューズ開発だけでなく、インソール開発においても欧米人との足の違いを考え、日本人の足に適切なものを開発、提案しなければならないと考えています。

アシマルはバイオメカニクス技術により足と身体のバランスを整えます。また、横アーチをサポートすることで日本人特有の開張足や外反母趾にもしっかりと対応しています。

日本人の足や骨格に特化
ページの先頭へ戻る